給湯器・風呂釜】【人気blogランキング

2005年10月14日

郵政民営化法案・・・成立・・・

小泉首相が改革の本丸と位置づける郵政民営化関連6法が14日午後の参院本会議で自民、公明の与党の賛成多数で可決、成立しました。

通常国会で同法案に反対・棄権した自民党議員の大半が賛成に回り、通常国会では17票差で否決されていましたが、今国会では34票差での可決となりました。
政局の焦点は今後、特別国会閉幕後の11月2日に予定している内閣改造・自民党役員人事に移るとされています。

参院本会議の採決は記名投票で行われ、自民、公明両党が賛成、民主、共産、社民、国民新党、新党日本などが反対しました。通常国会では自民党から反対・棄権などの造反が30人に上っていましたが、今回、自民党の造反組のうち、亀井郁夫氏が棄権した以外は、全員が賛成に回ったようです。
参院事務局によれば、いったん否決された政府提出法案が、事実上、同じ内容で再提出され、修正もないまま成立した例は初めてだといいます。

6法は今月中に公布され、政府は2006年4月に郵政民営化委員会を設置、国営の日本郵政公社は2007年10月に解散し、郵便、郵便貯金、簡易保険の郵政3事業は民営化した4事業会社に分割して引き継がれることになります。

posted by 店長 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼coffee lounge 【NEWS】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイになりたくない?(英MI6)

英対外情報部(MI6)が13日、インターネット上で部員の募集を開始しているそうです。

MI6(正式名称SIS)が公に人員を募集するのは1909年の創設以来初めてで、これまでは主に、学生や軍の諜報部員を秘密裡に勧誘する方法に頼っていました。
諜報部員の活動について書かれたものは多く、ジェームズ・ボンドが活躍するイアン・フレミング原作のスパイ小説などが有名ですが、MI6はウェブサイトに、「SISの過去の記録は公開されていないにもかかわらず諜報活動の内容について書かれたものは多い。そのほとんどは不正確で誤解を招くものだ」との警告文を掲載しています。その上で、「作戦活動、情報分析、管理、データ処理・保全で自分の能力を生かせると思う人、ハイテク機器を設計もしくは敵対的な環境でそれを配備する能力がある人にはSISで活躍できるチャンスがある」と応募を呼びかけています。

さて、応募条件ですが・・・
現在を含め5―10年間英国に滞在している21歳超の英国人
しかも「広範囲に及ぶ身元調査」に合格する必要があるとのこと・・・
なんだ、日本人はなれないんですね。


posted by 店長 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼coffee lounge 【NEWS】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。