給湯器・風呂釜】【人気blogランキング

2005年03月06日

ビールを飲んでも痛風にはならない!?

「痛風はビールを飲みながらでも治る!」(小学館文庫)という本があるそうです。


著者の鹿児島大学病院神経・呼吸器内科の納光弘教授(63)は痛風の専門家なのですが、皮肉にも痛風を患っってしまったそうです。
痛風は偏った飲食などの生活習慣が原因で、体内にプリン体がたまり、その老廃物・尿酸の血中濃度が高い状態が続くことで、発作により関節に激痛が走ったり、腎臓障害を起こす病気です。
納(おさめ)教授は大のビール党で毎晩飲酒を重ね、一晩で最高9リットル飲むなどの生活を続けていたところ、とうとう2001年8月に痛風の発作で右足の激痛に襲われ、初めて患者の苦しみを味わったといいます。
ビールは、アルコール自体に尿酸の発生を促す働きがあるうえ、100グラム中のプリン体含有量が5.11ミリグラムあり、日本酒(1.22ミリグラム)やウイスキー(0.13ミリグラム)に比べ群を抜いています。
教授は、自分の体で調べようと決意し、暴飲や禁酒を繰り返しながら約2年間かけて血液や尿を検査しました。
その結果、(教授の場合)1日750ミリリットルまでならむしろ痛風に悪いストレスを緩和し、尿酸値も下がることが判明したのです。
教授は「ビールはむしろ善玉」と強調し、「ビールのプリン体は、白米(100グラム中25.9ミリグラム)、ホウレンソウ(同54.5ミリグラム)、納豆(同113.9ミリグラム)などと比べても少ない・・・アルコール類の中では多いが、ビールは水分も多く、合併症の尿路結石の予防にもなる」と話しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。